キャッシングの年率とは~~計算方法

良く、キャッシングなどに年率〇〇%とかって書いてありますよね。
それがどういう事かをわかりやすく書いていきます。
まず、年率12%のところで、100万円を借りるとします。
この場合、毎月の返済額が1万円だとしたら、何年後に完済すると思いますか?
A,5年B,10年C,20年
正解は、
ABCどれでもありません。
100万円を借りて、12%の年利がつくのに対し、月々の返済額が1万円では、一年間で12万円を返済しても、それは12%の利息だけしか払っていない事になります。
元金は1円も減りません。
キャッシングの利息の計算方法とはこういうことです。
100万円を12%の利息で借りたら、112万円にして返済しなければなりません。
これは、あくまで、1年間借りた場合です。
例)1年目100万スタート、毎月2万返済=1年後には元金が88万まで減っています。12万元金返済の12万利息です
2年目88万スタート、毎月2万返済=さらに1年後には、残金745,600になります。13万3400円元金返済の105,600円が利息です。2年の内に、22万以上が利息で、元金は25万くらいしか減っていないのがわかるとおもいます。