使用目的を考える

カードローンを利用しようと思う理由は人によって違います。
遊びに行くお金が欲しい、急な出費があって生活費が足りなくなってしまった、欲しいモノがあるけど足りない、など理由はいろいろですね。
基本的にカードローンは担保や保証人なしで申し込めますし、使用目的は原則自由です。
ただし事業性資金にはできないというところも多いので注意しましょう。
どうしても必要な場合は、1枚持っておくとお金を借りることができるのでとても便利です。
しかしこれは借金であるということは覚えておきたいですね。
カードを持ってATMに行けばお金を引き出せるので、自分の口座からお金を下ろしているような錯覚をしてしまうことがあります。
お金を借りる場合は、借りた金額に応じて利息が発生しますので、自分の口座からお金を引き出すのとは違います。
返せる範囲で利用する分には問題ありませんが、返済方法の違いで利用残高が多いほど月々の支払いも多くなり、利息も多くなるので目的を考えて利用しましょう。